Birthday Math(誕生日の数学), GPS Math(GPS(位置)の数学)~人と場所をつなげる数学(算数)の旅~

場所(トポス)と「数」を結ぶ。空間と時間を結ぶ。地球規模(GPS)の数学的な「数」の不思議を体験(経験)しよう!地球規模の幾何学(GPS)と代数学({数」)をつなぐ試み?!楽しんでくださいね!スマホ用アプリ・・・まもなく!!よろしくね!.)今日の「歴史上の偉人・有名人たち」の「数(素数)」の動き(アプリからアクセスすると「数(素数)」獲得)へ。専用スマホアプリで、世界規模のゲームが始まる。

日本の化学者

池田 菊苗(Ikeda Kikunae)  「うま味」の発見者  「グルタミン酸ナトリウム」の発見 日本発明家十傑の一人 日本の化学者 =What! Prime!なんと!素数!

Birthday Math(誕生日の数学), GPS Math(GPS(位置)の数学)~人と場所をつなげる数学(算数)の旅~



///////////////////////
Journey - mathematics that connects the people and location - (mathematics of GPS (position)) (math birthday) Birthday Math, GPS Math of (arithmetic)
///////////////////////
池田 菊苗(いけだ きくなえ、1864年10月8日(元治元年9月8日) - 1936年5月3日)は、戦前日本の化学者。「うま味」の発見者。
特許庁が選定した日本発明家十傑の一人である。「グルタミン酸ナトリウム」の発見。


「うま味」の発見者・池田菊苗かつて人間の味覚は「しょっぱい」「すっぱい」「からい」「にがい」「あまい」の五味に分類されていました。特に、料理の美味しさに直結すると考えられていたのが「しょっぱい」と「あまい」でした。
昔砂糖は貴重品だったこともあり、どんな料理にも砂糖を入れるのが美味しいと考えている人がいるのです。
東大教授である池田菊苗は、この五味のほかに新しい味を発見しました。それが「うま味」なのです。


1864年、薩摩藩士池田春苗の次男として京都で出生する。京都府中学、大学予備門を経て、1880年から大阪衛生試験所で化学を学ぶ。

1889年、帝国大学理科大学化学科(現東京大学理学部化学科)卒業、大学院へ進学する。

1891年、高等師範学校教授となる。

1896年、東京帝国大学理科大学化学科の助教授となる。

1899年より、物理化学研究のためにドイツ・ライプツィヒ大学オストワルド研究室に1年半留学する。

1901年5月から10月までロンドンに滞在。夏目漱石と同じ下宿に住み、以降親交を持つ。帰国後、東京帝国大学教授に昇進。

1902年、理学博士の学位を取得。

1907年、酸甘塩苦の4基本味以外の味成分を「うま味」と名づけ、単離研究に着手。昆布の旨み成分がグルタミン酸ナトリウムであることを発見し、翌1908年にグルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料の製造方法を発明し特許を取得。1909年5月、うまみ調味料「味の素」が鈴木製薬所(現味の素株式会社)から発売された。本人はグルタミン酸を、「具留多味酸」と表記した。

1913年、日本化学会会長。

1917年、理化学研究所の創立に参加(同化学部長)。

1919年、帝国学士院会員に任命される。

1923年、東京帝国大学を退職。

高弟に鰹節のうま味成分であるイノシン酸を発見した小玉新太郎がいる。


夕飯から思いついた「うま味」
菊苗は、ある日の夕飯に出された湯豆腐の美味しさに感銘を受けます。妻の「物産展で買った良い昆布を使った」という言葉から、菊苗は「昆布にはうま味の素があるに違いない」と確信し翌日からうま味の研究を始めたのです。
菊苗は大量の昆布を研究室に持ち込んで昆布だしを取り、昆布だしをさらに煮詰めたり化学薬品を加えてみたりと、様々な手法を試して「うま味の素」の抽出に専念します。そしてついに40kg近い昆布を消費してわずか30gの結晶の析出に成功します。これを菊苗、指でペロリとやってみれば、ウンあの時の湯豆腐の美味しさそのもの。1908年、こうして菊苗は「うま味」物質であるグルタミン酸を発見したのです。グルタミン酸自体は、40年も前に発見されていたのですがどんな働きがあるかまでは突き止められていませんでした。菊苗は、「発明家としてグルタミン酸を発見した」というよりも「研究者としてグルタミン酸を再発見した」のです。
後にグルタミン酸はうま味調味料の主成分として活用され、世界中の食卓に欠かせない存在となっています。


独立行政法人理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)は、1917年(大正6年)に創設された物理学、化学、工学、生物学、医科学など基礎研究から応用研究まで行なう日本で唯一の自然科学の総合研究所。略称「理化学」または「理研」。
鈴木梅太郎、寺田寅彦、中谷宇吉郎、長岡半太郎、嵯峨根遼吉、池田菊苗、本多光太郎、湯川秀樹、朝永振一郎、仁科芳雄、菊池正士など多くの優秀な科学者を輩出した。


生誕 1864年10月8日(元治元年9月8日)
 京都
死没 1936年5月3日
 東京


1864年10月8日、薩摩藩士池田春苗の次男として京都で出生する。
///////////////////////
Ikeda Kikunae
Kikunae Ikeda (Ikeda Kikunae, September 8) (first year of Genji October 8, 1864 - May 3, 1936) is, chemist of pre-war Japan. Discoverer of "taste".
It is one of the Japanese inventor JuMasaru Patent Office was selected. The discovery of "monosodium glutamate".


Human taste has been classified as garbage "salty" and "sour" and "spicy", "bitter" and "sweet" once discoverer Ikeda Kikunae of "taste". In particular, it's was thought to be directly linked to the taste of the food to be "salty" was "sweet".
I There are people who believe that delicious sometimes a long time ago sugar was valuables, and to put sugar in any cuisine.
Ikeda Kikunae is a Tokyo University professor, found a new taste in addition to this garbage. That is the "taste".


1864, to be born in Kyoto as the second son of Satsuma samurai Ikeda Harunae. Through Kyoto junior high school, college preliminary Gate, and learn chemistry at Osaka health laboratories from 1880.

1889, Imperial College of Science Department of Chemistry, University (now the University of Tokyo Faculty of Science Chemistry) graduate, go on to graduate school.

In 1891, it is Higher Normal School professor.

In 1896, it is an assistant professor of Tokyo Imperial University Department of Chemistry, University of Science.

From 1899, I will study one and a half years in Leipzig, Germany University Ostwald laboratory for physical chemistry research.

Stay in London May to October 1901. He lived in the same boarding house Natsume Soseki, become good friends with later. After returning home, and promoted to Tokyo Imperial University professor.

1902, has a degree of Doctor of Science.

1907, called "umami" taste component of the four basic tastes other than the acid Amajio bitter, and embarked on an isolated research. The patented invention and a method of manufacturing a seasoning to discover that taste ingredient of kelp is sodium glutamate, a main component sodium glutamate in 1908 next. May 1909, umami seasoning "Ajinomoto" was released Suzuki pharmaceutical plant (now Ajinomoto Co., Inc.). Person was referred to as "GuTome Taajisan", the glutamic acid.

1913, The Chemical Society of Japan chairman.

1917, participated in the founding of the Institute of Physical and Chemical Research (same chemical manager).

1919, and was appointed imperial academician.

1923, and retired from the Tokyo Imperial University.

There are Shintaro Kodama who discovered inosine acid, which is a flavor component of bonito to disciple.


Came up from dinner "umami"
Kikunae is impressed with the taste of boiled tofu issued to dinner one day. From the words referred to as "with good kelp that I bought in the product exhibition" of his wife, Kikunae I started the study of taste from the next day and convinced that "there must be a horse Ajinomoto in the kelp."
Take the kelp soup brought to the laboratory the hump of large amounts and even consider adding chemicals or boiled down further kelp soup, Kikunae is devoted to the extraction of "horse Ajinomoto" to try a variety of techniques. And will succeed to the precipitation of crystals of 30g just by consuming kelp near 40kg at last. If Mire doing with Perori Kikunae, with a finger this, itself the taste of tofu at that time down. 1908, thus Kikunae I found a glutamic acid is "umami" material. Glutamic acid itself, I had been discovered 40 years ago but had not been discovered until What are the work. Kikunae is, I "rediscovered glutamic acid as a researcher" rather than "found a glutamic acid as inventor".
Glutamic acid is used as the main component of umami seasoning later, it has become indispensable to the table around the world.


RIKEN is (RIKEN), the only natural in Japan to conduct applied research from basic research physics was founded in 1917 (1917), chemistry, engineering, biology, and medical science Research Institute of Science. Abbreviation or "physics and chemistry", "RIKEN".
I has produced an excellent many scientists Suzuki Umetaro, Terada Torahiko, Nakatani Ukichiro, Nagaoka Hantaro, Saga NeRyokichi, Ikeda Kikunae, Kotaro Honda, Hideki Yukawa, Shinichiro Tomonaga, Yoshio Nishina, and Masashi Kikuchi.


(September 8 Genji first year) October 8, 1864 birth
Kyoto
May 3, 1936 Date of death
Tokyo


October 8, 1864, to be born in Kyoto as the second son of Satsuma samurai Ikeda Harunae.
///////////////////////
京都 薩摩藩邸跡
(京都市上京区 今出川 同志社大学)
大きな地図で見る
Kyoto Satsuma Hantei trace
(Kyoto Kamigyo-ku Imadegawa Doshisha University)
大きな地図で見る
///////////////////////
東京大学理学部化学科
大きな地図で見る
University of Tokyo Faculty of Science, Department of Chemistry
大きな地図で見る
///////////////////////
ライプツィヒ大学
大きな地図で見る
University of Leipzig
大きな地図で見る
///////////////////////
理化学研究所(埼玉県和光市広沢)
大きな地図で見る
RIKEN (Hirosawa, Wako-shi, Saitama)
大きな地図で見る
///////////////////////
位置占い(GPS素因数分解)
   
「GPS利用して、場所のパワー(数)を見つける」!地図上(GPS上)の経度、緯度、高度などから、その場所の「数のパワー」を調べる。素因数分解すれば、その場所のラッキーナンバーがわかる。素数であれば、数の上でのパワースポットとなる。(あなたの今の地点も調べてみよう!)

京都 薩摩藩邸跡(同志社大学) の場合 (経度,緯度)=(35.029758,135.760727)
これをそれぞれ10の6乗して整数にする。(経度×1000000,緯度×1000000)=(35029758,135760727)
さあ、ラッキーナンバーは?(自分で数を入力してみよう!あまり大きな数は・・・注意ね!)
///////////////////////
Position divination (GPS prime factorization)
 
The "use by GPS, to find the power of location (number)"! Longitude (GPS on), latitude, and altitude from, I examine the "power of the number" of its location on the map. If factoring, it can be seen lucky number of the place. If a prime number, it is the power spot in number. (We will check to see also point now you!)

(Longitude, latitude) = (35.029758,135.760727) if Kyoto Satsuma Hantei trace of (Doshisha University)
Is an integer in mega respective it. (Longitude * 1000000, latitude * 1000000) = (35029758,135760727)
Now, lucky numbers? (I great attention ... number it so much! Let's enter the number on your own!)
///////////////////////日本語版 ///////////////////////



///////////////////////
位置占い(GPS素因数分解)
   
「GPS利用して、場所のパワー(数)を見つける」!地図上(GPS上)の経度、緯度、高度などから、その場所の「数のパワー」を調べる。素因数分解すれば、その場所のラッキーナンバーがわかる。素数であれば、数の上でのパワースポットとなる。(あなたの今の地点も調べてみよう!)

東京大学大学院 理学系研究科 の場合 (経度,緯度)=(35.705951,139.750785)
これをそれぞれ10の6乗して整数にする。(経度×1000000,緯度×1000000)=(35705951,139750785)
さあ、ラッキーナンバーは?(自分で数を入力してみよう!あまり大きな数は・・・注意ね!)

///////////////////////
Position divination (GPS prime factorization)
 
The "use by GPS, to find the power of location (number)"! Longitude (GPS on), latitude, and altitude from, I examine the "power of the number" of its location on the map. If factoring, it can be seen lucky number of the place. If a prime number, it is the power spot in number. (We will check to see also point now you!)

(Longitude, latitude) = (35.705951,139.750785) In the case of the University of Tokyo Graduate School of Science
Is an integer in mega respective it. (Longitude * 1000000, latitude * 1000000) = (35705951,139750785)
Now, lucky numbers? (I great attention ... number it so much! Let's enter the number on your own!)
///////////////////////English edition 2///////////////////////



///////////////////////

福井 謙一(Fukui Kenichi) 「ノーベル化学賞を受賞」  日本の化学者 =What! Prime!なんと!素数!

Birthday Math(誕生日の数学), GPS Math(GPS(位置)の数学)~人と場所をつなげる数学(算数)の旅~
///////////////////////




Journey - mathematics that connects the people and location - (mathematics of GPS (position)) (math birthday) Birthday Math, GPS Math of (arithmetic)
///////////////////////
福井 謙一(ふくい けんいち、1918年10月4日 - 1998年1月9日)は、日本の化学者。京都大学・京都工芸繊維大学名誉教授。日本学士院会員、ローマ教皇庁科学アカデミー会員、全米科学アカデミー外国人客員会員。工学博士。奈良県奈良市出身。大阪市西成区育ち。

1952年、フロンティア軌道理論(frontier orbital theory)を発表。これはフロンティア軌道と呼ばれる軌道の密度や位相によって分子の反応性が支配されていることをはじめて明らかにしたもので、世界の化学界に衝撃を与えた。この業績により、1981年にノーベル化学賞を受賞。また固有反応座標(Intrinsic Reaction Coordinate)の概念を提唱した。

中学時代にファーブル昆虫記をこよなく愛読していた。

数学が好きであったが、父の叔父に当たる喜多源逸京大教授の「数学が好きなら化学をやれ」という一言に触発され、京都大学工学部工業化学科に進学した。後に量子力学を会得し、フロンティア軌道理論を完成させることとなる。


「メモしないでも覚えているような思いつきは大したものではない。メモしないと忘れてしまうような着想こそが貴重なのです。」
「時間と空間を媒介して、宇宙空間の全ては因果関係でつながっている。」
「ひとりの人間は、無限の過去、無限の未来とつながっている。」
「科学者を目指す若者に中等教育で最も励んで欲しいのは数学、特に平面幾何学である。」

1930年3月 大阪市玉出第二尋常小学校卒業
1935年3月 旧制今宮中学校卒業
1938年3月 旧制大阪高等学校卒業
1941年3月 京都帝国大学工学部工業化学科卒業
1943年8月 京都帝国大学工学部燃料化学科講師(1966年 石油化学科に改組)
1945年9月 京都帝国大学工学部燃料化学科助教授
1948年6月 工学博士(「化学工業装置の温度分布に関する理論的研究」)
1951年4月 京都大学工学部燃料化学科教授(高温化学講座)
1965年1月 京都大学工学部燃料化学科教授(高圧化学講座 1966年より炭化水素物理化学講座に改称)
1970年11月 京都大学評議員(1971年4月まで)
1971年4月 京都大学工学部長(1973年3月まで)
1982年4月 京都大学退官 京都大学名誉教授
1982年6月 京都工芸繊維大学学長(1988年5月まで)
1988年6月 京都工芸繊維大学名誉教授 財団法人基礎化学研究所所長
1990年2月 学術審議会会長
1995年9月 日本学術振興会会長
1998年1月 逝去 満79歳没


生誕 1918年10月4日
 日本、奈良市
死没 1998年1月9日(満79歳没)
 日本、京都市

1918年10月4日、工場経営、外国貿易を営む父亮吉のもと、三人兄弟の長男として奈良県生駒郡(現奈良市押熊町)に生まれる。
///////////////////////
Fukui Kenichi
Kenichi Fukui (Fukui Kenichi, October 4, 1918 - January 9, 1998) is a Japanese chemist. Kyoto University, Kyoto Institute of Technology professor emeritus. Japan Academy members, the Roman Curia Academy of Sciences, National Academy of Sciences visiting foreign member. Doctor of Engineering. Nara, Nara Prefecture from. Osaka Nishinari Ward grew up.

1952, announced the frontier orbital theory (frontier orbital theory). And as it was first revealed that the reactivity of molecules is governed by the phase and the density of the track called frontier orbitals, which shocked the chemical industry in the world. With this performance, was awarded the Nobel Prize in Chemistry in 1981. I also proposed the concept of intrinsic reaction coordinate (Intrinsic Reaction Coordinate).

I loves the book deeply the Fabre-mentioned insects in junior high school.

It was like mathematics, is inspired by the word of "do it chemical If you like math," Kita MinamotoItsu Kyoto University professor falls uncle of my father, was enrolled at Kyoto University Faculty of Engineering Department of Industrial Chemistry. It is that you grasp the quantum mechanics later, to complete the frontier orbital theory.


"Idea, such as even remember not note is not a big deal. Idea what you like and forget not to notes is precious."
"We mediate time and space, and. You are connected by causality all of outer space"
"The infinite past, one man is. Has led to the future of the infinite"
"Wants most diligent in secondary education to young people who aim to scientists. Mathematics is a plane geometry in particular"

March Osaka Tamade second extraordinary elementary school graduation 1930
March old system Imamiya junior high school graduation 1935
March old system Osaka High School graduation 1938
Kyoto Imperial University Faculty of Engineering Department of Industrial Chemistry graduate in March 1941
(Reorganized in 1966 Petroleum Chemistry), Kyoto Imperial University Faculty of Engineering, Department of Chemistry, fuel lecturer in August 1943
Kyoto Imperial University Faculty of Engineering, Department of Chemistry, fuel assistant professor in September 1945
("Theoretical Study of the temperature distribution in the chemical industry equipment") Doctor of Engineering in June 1948
April Kyoto University, Department of Chemistry, Professor fuel, 1951 (high-temperature chemistry course)
(Renamed to hydrocarbon physical chemistry course than 1966 high-pressure chemistry course) January Kyoto University, Department of Chemistry, Professor fuel 1965
(Until April 1971), Kyoto University November councilor, 1970
(Until March 1973) April Kyoto University, length 1971
April Kyoto University retired Professor Emeritus, Kyoto University, 1982
(Until May 1988), Kyoto Institute of Technology President June 1982
June Kyoto Institute of Technology professor emeritus Foundation Director of the Institute of Basic Chemicals, 1988
February Science Council Chairman 1990
September Japan Society for the Promotion of Science, Chairman 1995
January passed away full 79 years died in 1998


October 4, 1918 birth
 Japan, Nara
January 9, 1998 Date of death (less than 79 years died)
 Japan, Kyoto

October 4, 1918, the Father Ryokichi engaged in factory management, foreign trade, was born in Ikoma-gun, Nara Prefecture (now Nara Oshikuma Town) as the eldest son of three brothers.

///////////////////////

奈良県生駒郡(奈良市押熊町)
大きな地図で見る
 (Nara Oshikuma Town)
大きな地図で見る
///////////////////////
京都大学工学部
大きな地図で見る
Kyoto University Faculty of Engineering
大きな地図で見る
///////////////////////
京都工芸繊維大学
大きな地図で見る
Kyoto Institute of Technology
大きな地図で見る
///////////////////////
位置占い(GPS素因数分解)
   
「GPS利用して、場所のパワー(数)を見つける」!地図上(GPS上)の経度、緯度、高度などから、その場所の「数のパワー」を調べる。素因数分解すれば、その場所のラッキーナンバーがわかる。素数であれば、数の上でのパワースポットとなる。(あなたの今の地点も調べてみよう!)

奈良県奈良市押熊町  の場合 (経度,緯度)=(34.713917,135.777857)
これをそれぞれ10の6乗して整数にする。(経度×1000000,緯度×1000000)=(34713917,135777857)
さあ、ラッキーナンバーは?(自分で数を入力してみよう!あまり大きな数は・・・注意ね!)
///////////////////////
Position divination (GPS prime factorization)
 
The "use by GPS, to find the power of location (number)"! Longitude (GPS on), latitude, and altitude from, I examine the "power of the number" of its location on the map. If factoring, it can be seen lucky number of the place. If a prime number, it is the power spot in number. (We will check to see also point now you!)

(Longitude, latitude) = (34.713917,135.777857) In the case of Nara, Nara Prefecture Oshikuma cho
Is an integer in mega respective it. (Longitude * 1000000, latitude * 1000000) = (34713917,135777857)
Now, lucky numbers? (I great attention ... number it so much! Let's enter the number on your own!)
///////////////////////日本語版 ///////////////////////



///////////////////////
位置占い(GPS素因数分解)
   
「GPS利用して、場所のパワー(数)を見つける」!地図上(GPS上)の経度、緯度、高度などから、その場所の「数のパワー」を調べる。素因数分解すれば、その場所のラッキーナンバーがわかる。素数であれば、数の上でのパワースポットとなる。(あなたの今の地点も調べてみよう!)

京都大学工学部  の場合 (経度,緯度)=(35.02885,135.783594)
これをそれぞれ10の6乗して整数にする。(経度×1000000,緯度×1000000)=(35028850,135783594)
さあ、ラッキーナンバーは?(自分で数を入力してみよう!あまり大きな数は・・・注意ね!)

///////////////////////
Position divination (GPS prime factorization)
 
The "use by GPS, to find the power of location (number)"! Longitude (GPS on), latitude, and altitude from, I examine the "power of the number" of its location on the map. If factoring, it can be seen lucky number of the place. If a prime number, it is the power spot in number. (We will check to see also point now you!)

(Longitude, latitude) = (35.02885,135.783594) In the case of Kyoto University
Is an integer in mega respective it. (Longitude * 1000000, latitude * 1000000) = (35028850,135783594)
Now, lucky numbers? (I great attention ... number it so much! Let's enter the number on your own!)
///////////////////////English edition 2///////////////////////



///////////////////////
位置占い(GPS素因数分解)
   
「GPS利用して、場所のパワー(数)を見つける」!地図上(GPS上)の経度、緯度、高度などから、その場所の「数のパワー」を調べる。素因数分解すれば、その場所のラッキーナンバーがわかる。素数であれば、数の上でのパワースポットとなる。(あなたの今の地点も調べてみよう!)

京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス)  の場合 (経度,緯度)=(35.049337,135.781823)
これをそれぞれ10の6乗して整数にする。(経度×1000000,緯度×1000000)=(35049337,135781823)
さあ、ラッキーナンバーは?(自分で数を入力してみよう!あまり大きな数は・・・注意ね!)

///////////////////////
Position divination (GPS prime factorization)
 
The "use by GPS, to find the power of location (number)"! Longitude (GPS on), latitude, and altitude from, I examine the "power of the number" of its location on the map. If factoring, it can be seen lucky number of the place. If a prime number, it is the power spot in number. (We will check to see also point now you!)

(Longitude, latitude) = (35.049337,135.781823) if the Kyoto Institute of Technology (Matsugasaki Campus)
Is an integer in mega respective it. (Longitude * 1000000, latitude * 1000000) = (35049337,135781823)
Now, lucky numbers? (I great attention ... number it so much! Let's enter the number on your own!)
///////////////////////日本語版3 ///////////////////////



///////////////////////
最新記事(Birthday ・誕生日)
カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • ライブドアブログ